tom_flavor_issue

no rain, no rainbow

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

 【日常生活部門】の組写真部門に、真っ白な雪の中で、頭から血を流して倒れている女の人の写真があった。その女の人は死んでいる。その写真の隣には、泥の道に人の型がついている写真。説明を読むと、そこにあった死体を動かした跡だという。その人の型は、そこで死んだ人が最後にこの世に残した生きていた証のようなものかもしれない。

 先週の日曜日に、友達と恵比寿の東京都写真美術館で開かれている「世界報道写真展」に行った。その中にあったたくさんの写真のうちの2枚である。

 この2枚の写真はチェチェンで撮られたものだった。これが、【日常生活】という部門の中の写真であることがまずショックだった。日常生活?この「死」が、日常というのか?わたしの「日常」とこの写真の撮られたチェチェンでの「日常」のギャップはなんだろう?

 チェチェン紛争とは、チェチェン共和国のロシアに対する独立戦争だ。わたしもこの紛争に対してきちんと理解がなかったことに気づき、少し調べてみた。この紛争は、1994年からロシア南部のチェチェン共和国で続いている。ロシアからの独立を求めるチェチェンの人々の切実な願いを、エリツィン大統領とプーチン大統領は「テロだ」と断じて押さえつけてきた。人権と民主主義を高々と掲げるアメリカやEUは、ロシアの残酷な弾圧に目をつぶり続けているそうだ。それは、石油利権が絡んでいるから。そして、ロシア軍による無差別のミサイル攻撃、拉致、強制移住、家屋破壊、拷問、強姦、略奪が公然と行われている。ロシア各地で起こった「テロ事件」はチェチェン人の絶望的な抵抗と言える。

 そして、一番悲惨なことは、この国で起こっていることが、無視され忘れられていることだと思う。日本でも、このチェチェンで起こっていることを、明確に理解し、注目している人はとても少ないのではないか?「無知」「無関心」…。それは、この悲惨さを加速させるのではないか?

 それを、この写真たちが、そして、この写真の中に描かれていることがチェチェンの「日常」だということを突きつけられて、強く実感した。

 わたしは、大学1年の時、フィリピンのパヤタスの巨大なゴミ捨て場での生活を撮った映画で見て自分の視野の狭さにとても強い衝撃を受けた。世界ではこんなことが起きているんだということ、そして、それをわたしがまったく知らずに生きていたということ。その時と同じ衝撃を受けて、わたしは強い痛みを感じた。

 「世界とのギャップ」

 自分の周りの日常が「当たり前」の日常であること。平和な世界で生きているわたし達は、感覚が麻痺してしまっていて、今自分がいる場所が「平和」であることを認識していないことが多い。そして、自分の周りの日常が当たり前で、どこでも同じように繰り広げられているような錯覚に陥りやすい。少なくてもわたしはそうだ。でも、今平和で安全な場所にいるわたし達だからこそ、その世界とのギャップを感じて、もっと世界のことに目を向けていかなければいけないんじゃないかと思う。そうじゃないと、きっと世界はずっと変わらない。今、わたしが世界に目を向けたところで、自分に何ができるのか分からない。「無力」だ。でも、「無知」と「無関心」も、一種の暴力ではないのかと思うのだ。

 もっともっと、視野を広く持ちたい。そして、自分は何ができるのか真剣に考えたい。





  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

写真展、行ってよかったなって思ってる。
確かに私も死体や戦争の写真が『日常生活部門』にあるのはびっくりしたんだ。イラク戦争とか、変な言い方だけど有名な戦争以外にも世界には色々な戦争や紛争が本当たくさんあるんだなってまざまざと見せつけられた。そして、社会が裕福になる過程でも残酷な問題があって、自分がいかに恵まれた社会でのうのうと生きているか・・・まさしくギャップだね。

『日常生活』に死というものがあるなんて、きっと私の想像を越えた日常生活なんだよね。死というものがなんだか遠いものじゃない??
でも、私、5月におじいちゃんが亡くなって、初めて自分の近い人の死を感じたのね。人間はいつか死ぬんだなって実感した。

あの、写真展行ってからじゃなくて、前から思ってたんだけど、人間、死に方は選べないよね。でも、私は、あすかもなんだけど、生き方を選ぶのは、とてつもなく幸せなことに許されているんだよね。それを噛み締めて生きていきたいってホントに思います。写真展行ってから、ますます強く思ったんだ。長々とごめんなさい★

  • きよみ
  • 2004/07/26 2:10 AM
ありがと〜☆長いコメントはすごくうれしいよ!
そうだね、生き方選べるんだもんね。
ほんとに幸せだよね。
わたしぶっちゃけ今日ちょっとへこんだりしてて、いつもストレスたまった時になるように、ちょっと吐いたりしてしまって、でも、前向きに頑張らなきゃ。
自分らしい生き方できるように頑張らないとだよね。
ありがとう。
  • asuka
  • 2004/07/26 10:44 PM
ありがと〜☆長いコメントはすごくうれしいよ!
そうだね、生き方選べるんだもんね。
ほんとに幸せだよね。
わたしぶっちゃけ今日ちょっとへこんだりしてて、いつもストレスたまった時になるように、ちょっと吐いたりしてしまって、でも、前向きに頑張らなきゃ。
自分らしい生き方できるように頑張らないとだよね。
ありがとう。
  • asuka
  • 2004/07/26 10:44 PM
▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

2017

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
わすれもの
Metaphorical Music
All Is Full of Love
calm
the ジブリ set
Lust
World Is So Beautiful
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]
CASSHERN
アズールとアスマール [DVD]
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
列車に乗った男
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション
ナイン・ソウルズ [DVD]
クラッシュ
スワロウテイル
PiCNiC [DVD]
天国の口、終わりの楽園
ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉
アメリカン・ヒストリーX
地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
21グラム (初回出荷限定価格)
この世の外へ クラブ進駐軍
ニュー・シネマ・パラダイス ツインパック <10,000セット限定生産>

Latest Entries

Recent Comment

このpageのtopへ▲