tom_flavor_issue

no rain, no rainbow

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

 

 わたしの家のリビングには大きなベンジャミンがある。わたしの家族の何度もの引っ越しに、このベンジャミンも一緒についてきてくれた、旅するベンジャミンでもある。天気がよくてあったかい日は庭に出して、いっぱい太陽を浴びる。夜と寒い日はリビングにいる。

 このベンジャミンは、お母さんがわたしが生まれた年に買ったものだ。わたしが生まれたのは鹿児島だから、さすがに生まれた日ではないけれど、わたしにとって「大きなのっぽの古時計」みたいなものだ。一緒に成長してきた。同じ空気を吸ってきた。いつもリビングにいるから、当たり前すぎて普段はあんまりそのベンジャミンの存在に気づかない。けど、今日ふとこのベンジャミンの存在に気づいて、あらためてあったかい気持ちになった。

 ちっちゃい頃はこのベンジャミンが好きだった。よく背くらべをしてた。わたしの方がちっちゃかったのに、途中でベンジャミンの背を追い越した。でも、今になったらまったく追いつけない大きさにまで成長してる。今、計ってみたら、(あまりにも大きくなっちゃったから、わざわざ鉢の高さを抜かすために、いすに乗って、土のところから比べた。)わたしより50センチ以上はある。いつの間にこんなに差をつけられたんだろう。ちょっとくやしい。

 今日、そのベンジャミンをぼんやり眺めてたら、最近読んだ「理由」(宮部みゆき著)の一説を思い出した。


 『人を人として存在させているのは「過去」なのだと、康隆は気づいた。この「過去」は経歴や生活歴なんて表層的なものじゃない。「血」の流れだ。あなたはどこで生まれ、誰に育てられたのか。誰と一緒に育ったのか。それが過去であり、それが人間を二次元から三次元にする。そこで初めて「存在」するのだ。それを切り捨てた人間は、ほとんど影と同じなのだ。本体は切り捨てられたものと一緒にどこかへ消え去ってしまう。』


 わたしの過去に、このベンジャミンは確実にいる。それは、ベンジャミンがわたしを人として存在させているひとつの要素だという事だろうか。なんだかよくわからない。

 だけど、思うこと。それは、わたしは決してひとりではなりえなかったということ。産んで育ててくれた親がいて、一緒に育った兄弟がいて、その周りにたくさんの人がいた。そうやって「血」の流れがつながってる。

 それを思ったら、今自分がここにあることに感謝したくなった。そして、わたしをわたしらしく存在させてくれるたくさんの周りの人たちに感謝したい。

 それを気づかせてくれたベンジャミンにも感謝。

 

 昨日は夕方からずっと友だちと飲んでた。とても楽しかった。就活を通じく仲良くなったこのゆかいな仲間たちも、就活っていう人生の大事な節目でわたしを支えてくれた大事な存在だと、ふと思う。彼らのおかげで、就活も楽しく前向きにわたしらしく頑張ってこれた。

 今朝、家に帰ってきてからずっと寝て、起きたら空がすごくきれいだった。



 わたしの部屋のベランダでたばこを吸いながら、庭をのぞくと、ベンジャミンも庭でこのきれいな空を見ながら、葉っぱをのばしてた。





  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

2018

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
わすれもの
Metaphorical Music
All Is Full of Love
calm
the ジブリ set
Lust
World Is So Beautiful
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]
CASSHERN
アズールとアスマール [DVD]
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
列車に乗った男
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション
ナイン・ソウルズ [DVD]
クラッシュ
スワロウテイル
PiCNiC [DVD]
天国の口、終わりの楽園
ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉
アメリカン・ヒストリーX
地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
21グラム (初回出荷限定価格)
この世の外へ クラブ進駐軍
ニュー・シネマ・パラダイス ツインパック <10,000セット限定生産>

Latest Entries

Recent Comment

このpageのtopへ▲