tom_flavor_issue

no rain, no rainbow

Latest(Selected) Entries

記事本文 Comments Trackbacks

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

 「彼の音を聞いた瞬間にね、なぜか涙がぼろぼろ出てきて
  ほんとに止まらないの。
  理由とか全然わからないんだけど、とにかく涙が出てきて。
  あー、SOULってこういうことかって全身で感じたの。
  ほんとにすごかった。」

 去年の夏休みに鹿児島のおばあちゃん家に行ったとき、わたしの大好きなおばちゃんが彼のコンサートを振り返りながらこう言ってた。彼女は、その興奮を思い出しながら、すごく熱くなってた。

 『SOUL。涙。レイ・チャールズ。』

 わたしのその日のメモにはそう書いてあった。


 昨日、そのレイ・チャールズの一端に触れた。映画「Ray」。

 わたしの中で、レイ・チャールズの存在は、大好きなビデオ「We Are The World」の中にいる彼と、鹿児島にいる時に聞くおばちゃんのかけるCDから想像した像が結びついた、曖昧でぼやけたイメージだった。

 でも、映画「Ray」からは、彼の偉大さがこれでもかってくらいに伝わってきた。気づいたらわたしはスクリーンに釘付けで、時には彼の音楽と一緒にリズムをとってた。最後のエンドロールが流れてる間は、彼の人生に引き込まれて涙が止まらなくて、しばらく動けなかった。

 彼の音楽がこんなにも心に響くのは、彼にとって音楽が彼の人生、彼のSOULそのものだから。彼の音楽が生まれる瞬間がすごい。愛人と大喧嘩になった時、レイは「その怒りを忘れるな」と言って、ピアノを弾き始める。そして、彼女の歌声とレイの掛け合いによって出来上がった「Hit the Road Jack」。音楽が人生そのものなのだ。

 レイは天才だけど、彼の人生は苦悩まみれ。弟の死、失明、黒人であるが故の差別、麻薬、愛人、金…。だから、彼の人生に、そしてその人生から生まれたSOULのこもった彼の曲に、多くの人がこんなにも魅了されるのだ。
 
 「誰にも盲目なんて言わせないで」

 彼の目がだんだん見えなくなっていくシーンがすごかった。最後に見えた、ぼやけていく空と木にぶら下がった何色ものガラス瓶。目にいっぱいたまった涙。

目が完全に見えなくなった時、彼の母親が強かった。レイが家のドアに引っかった為に転んで、泣きながら母親を呼ぶ。でも、彼女は息を呑んで、彼をじっと見守っている。「今すぐ飛んでいって抱き起こしてあげたい、抱きしめてあげたい」きっと彼女はそう思っているに違いのに、黙って見つめているのだ。そうしたら、レイは世界を感じるようになる。いや、耳で世界を見るようになる。


 天才レイ・チャールズの人間臭い部分が沢山見えたから、この映画にわたしのこころはすごく動かされたんだと思う。彼の音楽と人生に、意識のもっと奥にあるものが反応してた。共鳴してたと言った方がいいかもしれない。彼の人生の深さが、彼のSOULがこもった音楽をますます深くしているんだって気づいた。

 レイを演じるジェイミー・フォックスはレイに同化してて、彼のSOULが乗り移ったようだった。レイを演じられたのは彼だけだと思う。

 SOUL。彼の魂に触れられてほんとによかった。今、彼の音楽を聴きながら、これを書いています。わがままを言えば、一度だけでもいいから、彼の音楽に生で触れたかった。それだけが残念です。





  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

ども。初コメントのぺれです。
今日はお疲れ様!久々に楽しかったぁ。。
就活終わったら潰れ飲みしましょう!
Sイバー頑張れ!!!!!!!

※相互リンクしましょう!
わーい、ペレくんさんきゅ☆
今日はまじ楽しかったねぇ…久々におなか抱えて笑った!!
ほんときっぺいちゃん&ペレくんでコンビ組んでよ。
今日のおかげで完全復活したから、就活がんばって
また美味い酒をがばがば呑もうね。
リンクありがとー!
  • asuka
  • 2005/03/12 1:59 AM
Rayいいよねー
帰りの機内で2回も見ちゃったよ。
正直1回目映画館で見たときは(よかった〜)くらいにしか
思わなかったんだけど、
何回も見ていくにつれて、彼の生き様というものが
どれだけ壮絶なものだったか痛感できる作品だった。

弟と母親を常に思いながら、その思い出によって
苦しめられ、自分を責めながら音楽に生きつつも
最終的にはその弟と母親の力によって自分を取り戻す
Rayの姿は最高でした
  • 2005/03/18 7:16 AM
若菜〜、「わ」ってのまじうけるわ。
コメントありがとさん。

近々また映画みにいこうねん☆
今、就活中で心身ともにへばってるから
いつも以上に若菜が支えだわ。ほんと。。
さんきゅー。

  • asuka
  • 2005/03/19 2:25 AM
▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL
このpageのtopへ▲

2018

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
わすれもの
Metaphorical Music
All Is Full of Love
calm
the ジブリ set
Lust
World Is So Beautiful
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]
CASSHERN
アズールとアスマール [DVD]
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
列車に乗った男
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション
ナイン・ソウルズ [DVD]
クラッシュ
スワロウテイル
PiCNiC [DVD]
天国の口、終わりの楽園
ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉
アメリカン・ヒストリーX
地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
21グラム (初回出荷限定価格)
この世の外へ クラブ進駐軍
ニュー・シネマ・パラダイス ツインパック <10,000セット限定生産>

Latest Entries

Recent Comment

このpageのtopへ▲